おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

サッカーやりたくない息子

サッカーやりたくない息子

昨日はサッカーの練習の日でした。

朝園に「サッカーなので、違うバッチでいきます」と連絡をいれます。そのときに息子が

「サッカーやりたくないんだけど」

はい。毎回のようにいっております。これどうしたらいいものか。毎回だしやめようかってね。

無理矢理やらせたくはないんだけれど、そんなに簡単に諦めちゃうの?って気持ちもある。

それに始まると楽しそうにやってるんだよねー。

習い事つづけるべき?

そうなんですよね。習い事を続けさせたいのはわたし

わたしにはなぜか一定のルールがある。

とりあえず一年はやろうよ。25メートルは泳ごう。クロールはできるようになろうとかね。

そこでふとおもったの。

やめるかやめないかを今決めさせなくても、こどもに【なんのためにサッカーしてるのか聞いてみる。】

友達とたのしく遊ぶためー

そうでしたー。わたしがもっと上手にさせようと一生懸命になっていたけど、本人はサッカーを通じて、お友だちと遊びたかったんですよね。

目的のずれ

私のサッカーに対する目的と息子のサッカーに対する目的のずれ。

彼にとってサッカーは遊びの延長でした。

わたしはそこに、「もっとうまくなれー」「もっとちゃんとしろー」ってモヤモヤしてたんです。

「あっ、そうか。息子にとっては遊びの延長か。」ってわかったらなんとなく心が緩んだ。

そしてわたしがサッカーママをやりたかった。

息子の習い事を応援するのがすきだったんです。

それもあって息子をサッカーに縛り付けてた。毎回サッカーのことを聞かれる度に罪悪感を感じてた。「あぁ、無理にいかせてるのかな」ってね。

お互いの目的がわかれば

「サッカーママをやりたかった、息子のサッカーを大きな声で応援したかった」という私の目的

「友達とたのしく遊びたい」という息子の目的

目的がわかれば、対応もわかる。

 

遊びが目的ならサッカーでなくてもいい。

応援したいなら、公園でパパと遊ぶこどもを応援することもできる。

 

なんだかすっきりなのでした。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
大倉恵美

大倉恵美

はじめまして、大倉恵美です。 【女性の笑顔が増えると、 世界はもっと幸せになる!】 ありのままの自分を受け入れ、 自分の一番身近な洋服を整えることで、 人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。 女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。 また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して 「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。 詳しくはこちら

<ご予約の空き情報>

<ご予約・お問い合わせ>

<ファッションメニュー>

<心理学メニュー>

大倉恵美
はじめまして、大倉恵美です。
【女性の笑顔が増えると、
世界はもっと幸せになる!】
ありのままの自分を受け入れ、
自分の一番身近な洋服を整えることで、
人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。
女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。

また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して
「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。



詳しくはこちら