おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

その人にとってのベストアンサーを

その人にとってのベストアンサーを

私が診断をお客様にするときに、いつも大切にしていること。

◎好きを大切にすること

◎ライフスタイルを考慮すること

その二点です。

いくら似合うファッションだったとしても、子育てしているときにピンヒールやスカートの提案はなかなか難しいし、好きでもないかわいい格好なんて似合ってても気分が上がりませんよね。

だから私はいつもお客様に、その時その時のベストを提案するようにしています。

その時のベストはもしかするとベターな提案かとしれない。

タイプに分けるならもっと突き詰めろと他のイメージコンサルタントに言われるかもしれない。

でも私は【ファッションを楽しむため】の提案をしているので、そのかたにとってネガティブ要因になることはそこまで強く提案しません。

かわいいガーリーが似合っても、シンプルカジュアルが好きなら、どのように寄せていくのか。

どのラインまでだったら気持ち良く楽しく着れるのかそこを探っていくことが多いです。

カラーもそうです。

華やかさが好きな方もいらっしゃれば、落ちつているカラー好きな方もいらっしゃる。

好きがはっきりしているなら、提案するのはとても簡単なんですよ♡

たとえ好きが分からなかったり、似合うものを着よう思っていますというかたでも、着ていくうちに「これは違うな」というのがでてきたりします。

そしたら、より好きなものを選択していけばいいんですよ♡

診断を受けたからって100%タイプに寄せる必要なんてありません。

ただ、似合うものが分かると、寄せ方が分かるので、「なんかよく分からんけど、変」という感覚から脱出することが出来ます。

子育て中であれば、子育てする上でスニーカーにするのかローファーにするのか。

デニムの色は濃紺かライトカラーか。

いまの自分のライフスタイルを考慮して、そこから寄せるというのが私は使いやすくておすすめです。

そんな風に使ってほしいなと思うのです。

いつもいつも、100じゃなくて大丈夫!

それは人生にもいえることだと思うんです。

みなさん真面目だから、完璧にこなそうとしてくださる。

でも大丈夫。その時のベストを。

大倉恵美
はじめまして、大倉恵美です。
【女性の笑顔が増えると、
世界はもっと幸せになる!】
ありのままの自分を受け入れ、
自分の一番身近な洋服を整えることで、
人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。
女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。

また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して
「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。



詳しくはこちら