おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

弱った息子の本音

弱った息子の本音

幼稚園からの連絡

昨日イベント終わって、お家にいたら、幼稚園からの電話。

「◯◯くん、嘔吐しまして、お熱もあるみたいなので迎えに来てください。」

私「すぐいきます!!!!!!!」

うちの子は今まで嘔吐する病気にかかったことがありません。なので、私も心配に。

園についたら調度みんなが帰る時間。慌ただしく先生が動いていました。

園長先生と一緒にいる長男。

「今また、嘔吐しまして。」

心配ー( ; ゜Д゜)

園長先生は、むちゃ気さくによくあるから気にしなくてイイよーって感じでしたが、

この忙しい時間に、先生3人ががかりで、着替えを持ってきたり、長靴が行方不明になったり、靴がないから裸足で口を洗いにいったり、なんとも慌ただしいというか、混乱していました。

そこで長男が「給食食べ過ぎた」

園を出る頃は元気だったので、本当に食べ過ぎで吐いたんだと思ってました。

うちに帰ってきてから

熱は38.6どを越えて、甘えたいモード炸裂。

「ママー(号泣)ここさすって、そばにいて」

そうしてあげたい。そばにいたい。

でもうちには次男くんがいます。

やきもき。

長男とてを繋いで寝ていたら

長男が「ボク、つまらない子だよね。」

えー!なにゆえ?つまらない子?

私は年中で、自分がつまらない人間かどうか考えたことなんてたぶんなかった。

私の頭のなかは色んな思考が。

注目をひきたいのか?慰められたいのか?ママを独り占めしたいからか?

私が考えても長男の気持ちはわからん!聞こうって考えて、

「何でそう思うの?」

「だって、幼稚園で吐いちゃったし、早く走れない。」

嘔吐と、早く走れないとつまらない人間なのかー。

「お友だちにかかっちゃったもん」

私「お友だち嫌がってた?」

「ううん、嫌がってないよ。」

私「そっかー。優しいね」

「それで床にもバーって」

私「そっかー、床にもついちゃったのね。」

「えーん。(;o;)」

「先生もお友だちも心配してたんじゃない?迷惑なんて思ってないとママは思うよ。今度嘔吐した友達いたら、されて嬉しいかったことしてみたら?」

息子いわく嘔吐したこと&先生や友達に迷惑かけたことがショックだったみたい。

 

うんうんと長男の話をひたすら聞いて、

そばにいてほしい、くっついていたいリクエストに応えてずっと抱き締めていました。

次男は?

その時次男は、悪さもせずに、ずっとそばに座っていてくれたのでした。

寝室で、テレビみたりして、私への関わりは最小限でした。

2歳の子でも周りをきちんとみて、思いやりをもって接することができるんだなってなんだかじーん。

思ったこと

こんなに小さな4歳の体で、感受性高くいろんなことを、感じながら生活している長男。

とっても、親をよくみています。自分が何をすべきなのかもよくわかっている。

だからそこか、我慢してるんだなって思いました。

たぶん私は、スキンシップ多いし、言葉かけも多い。

園で親元を離れて生活するって言うのは

親が思っている以上に疲れるんだ。

できることが増えて、ほっておいても大丈夫だけど、

心は大丈夫とは限らないんだね。

まだまだ年少さん。もっと気にかけたいな。

長男くんとデートしたい。私も長男くんと抱き合って寝れて幸せだった。

次男くんにもありがとうだ。

長男と早くまた戦いごっこしたいな♪

でも今は熱な長男とふれあっていよーっと。

 

The following two tabs change content below.
大倉恵美

大倉恵美

はじめまして、大倉恵美です。 完璧ママより「幸せママ」になろうを合言葉に、 ママ自身が、ありのままの自分を受け入れ、幸せになることで、家族へと 幸せが循環したらいいな~と思っています。 カラー診断やファッション同行で、「ママだっておしゃれしていい」、「好きな服を着ることで、人生を豊かにすること」を。 アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通じて 「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。 詳しくはこちら
大倉恵美

最新記事 by 大倉恵美 (全て見る)

<ご予約の空き情報>

<ご予約・お問い合わせ>