おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

ファッション系の診断は可能性を広げるための診断です。

ファッション系の診断は可能性を広げるための診断です。

こんにちは。

私が以前から伝えていることを、ここでももう一度お伝えしたいと思います。

ファッション系の診断は、いまとても流行しており、パーソナルカラー診断や骨格診断、顔タイプ診断など聞いたことはあるのではないでしょうか?

私が伝えたいことはそれらの診断は可能性を広げるための診断だということです。

自己診断をしてからサロンにお越しくださるお客様もとても多いのですが、お話ししていくと「このタイプだと思うけど、この服は好きじゃないから、プロに聞きたかった」や「このタイプになるけどかわいい感じは好きじゃない」など可能性を狭めてしまうような考え方になってしまっている方も多くみえます。

そんな方々にいつもお伝えするのは、どう似合わせていくかです。

タイプがそれだったからといって、それを着なきゃいけないことなんて全くないのですよ。

ご自身のタイプをしってから違うものを着ると、罪悪感があるかもしれませんが、そうではありません。

好きな格好をより似合わせて着るための診断をしているのです。

直線が得意なタイプで、かわいい服が好きならその好きな服のなかで固そうな素材やハリのある素材、襟元が直線的など、得意な要素が入っているものに寄せたらいいのです。

得意に100%寄せる必要はないんですよ。

ご自身が理解して、あえて寄せきってないのであればそれはそれで完璧です!

だって、好きな服と似合う服の最大公約数をとっているのだから。

ファッション診断は【これが似合う】と決めつける診断ではありません。

【これが似合う】というものをもっと具体的に仕訳していって、何が似合うのか、どうやったら自分の好みに合わせて似合わせられるのかそれを紐解いていく診断なんです。

だからわたしは、着たいという気持ちの裏返しでもある「これは着ちゃダメですか?」という言葉がとても悲しかったりします。

着てオッケーですよ!!でも工夫してきたらより最高なんです!

その工夫の仕方を学んでいただけると嬉しく思うのです。

自分というものをしって、好きなものもしって、楽しいファッションライフにしていきましょう!

大倉恵美
はじめまして、大倉恵美です。
【女性の笑顔が増えると、
世界はもっと幸せになる!】
ありのままの自分を受け入れ、
自分の一番身近な洋服を整えることで、
人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。
女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。

また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して
「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。



詳しくはこちら