おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

危ないからさわっちゃダメ→さわれる工夫を!

危ないからさわっちゃダメ→さわれる工夫を!

 

おはようございます(*´艸`*)

大倉恵美です♪

 

子供にとっては危険なもの触らせていますか?

例えば、キッチンでなにかを切っているとき、息子が

「僕もお手伝いするー」

 

こんなときどうしますか?

 

「危ないから、あなたにはできないわよ」

「手が切れたらどうするの?」

「ありがとう、でもまだあなたにはできないから、大丈夫よ」

「ママがやるから、そっちで遊んでて」

分かる分かる!

大切なこども、出来れば危険からは遠ざけたい。

でもね、私は年中になった長男にとりあえずやってもらいます♪

でもその際に

子どもに出来る工夫をします。

例えば切るときなら

 

「包丁はね、野菜も切れるけど、手も切れちゃうこともあるからね、手元をしっかり見てやろうね」って伝えたり、

「ママ、横でみてるね」

「これは切りやすそうだから、これお願いね」

包丁は、時には手が切れてしまう、親にとってはひやひやするものです。

だからこそ危険なものの危険なところ、扱い方を教える。

危険なものから遠ざけるのではなく、扱い方を知ることで楽しく使えるんだよって(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

火もしかり、お湯もしかり。

私は息子の手伝いたい、ママの役に立ちたいという気持ちを大切にしたかった

 

断ることもある!

もちろん毎回お手伝いさせてあげられないときもあります。

そんな時、私は

 

 

「ありがとう!その気持ちとても嬉しいよー♪

でもね、これはママがやりたいから、こっちやってくれる?」

私はできるだけ、他のものを手伝ってもらったり、

余裕がなくて任せれないときは、

わたしがやりたいからって。

まだ下手だから、能力がないからではなく、

【ママがやりたいのーやらせてー♪】

って感じで、楽しく断ってます(笑)

 

こどもたちのママに貢献したいって気持ち

ママの役に立ちたいって気持ち

あったかいし嬉しいよねー♪

だからこそ大切にしたい。

 

 

<ご予約の空き情報>

<ご予約・お問い合わせ>

<ファッションメニュー>

<心理学メニュー>

大倉恵美
はじめまして、大倉恵美です。
【女性の笑顔が増えると、
世界はもっと幸せになる!】
ありのままの自分を受け入れ、
自分の一番身近な洋服を整えることで、
人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。
女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。

また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して
「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。



詳しくはこちら