おしゃれのテクニックだけじゃなく、<好き>と<似合う>・<心理学>の融合を♡

感情むき出しママはダメな母親か?

感情むき出しママはダメな母親か?

感情をむき出しにして怒るお母さん、ダメなお母さんですか?

わたしも昔は本当にそうでした。私の価値観に触れることをしたら、怒ってました。

もちろん喜ぶときも感情むき出しでしたけどね。

怒るママはダメなママ?

私の考えでは、怒るママはだめなお母さんではありません。

だってきっと、そこには愛があるでしょう?怒るという行為に繋がっているかもしれないけど、愛があってそうなってるんだと思うんです。

お子さんを思うがあまり、どうしていいかわからずに、怒る。

「もーいいかげんにして!」って爆発しちゃうときがあってもいいじゃないですか♪

怒った後に

怒った後に、ママはどういう気持ちだったのか伝えたらいいんじゃないですかね?

素直に「怒るんじゃなくて普通にお話ししても伝わったかもしれないね、ごめんね」って伝えたら、「私も(僕も)ごめんね」って、お子さんとお互いに気持ちが通じるかもしれません。

怒ったときの気持ちは?

私はどうして怒ったんだろう?

私の話を聞いてくれなくて悲しかったから?

片付けられるのに、約束を破ったこどもの行動に落胆したから?

将来が心配だったから?

私が大切にしている事柄をを簡単に踏みにじられたから?

怒った後に、怒るに至った気持ちも大切にしてみたらどうだろう?

こんなことが寂しいのか。

こんなことが辛いのか。

こうされると心がなんかもやつくのか。

それで私はいいと思います。

そんな私も存在しているんだって見つけてあげるのも大切だと思っています。

それが、【自分のことがまるっとすき】という自己受容や自己肯定感に繋がっていくと思うので(๑•᎑•๑)

怒っちゃった→自己嫌悪で終わらずに、怒った背景にあった、自分の気持ちにも気づけるとなんだかいいなって思います。

怒るという行為が、愛からきていることもある。

だから、自分で怒っちゃって悪かったなって思ったのなら、そうやってお子さんに伝えたらいいと思う。

私も怒っちゃったときにはそうしています。

 

The following two tabs change content below.
大倉恵美

大倉恵美

はじめまして、大倉恵美です。 【女性の笑顔が増えると、 世界はもっと幸せになる!】 ありのままの自分を受け入れ、 自分の一番身近な洋服を整えることで、 人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。 女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。 また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して 「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。 詳しくはこちら

<ご予約の空き情報>

<ご予約・お問い合わせ>

<ファッションメニュー>

<心理学メニュー>

About The Author

大倉恵美
はじめまして、大倉恵美です。
【女性の笑顔が増えると、
世界はもっと幸せになる!】
ありのままの自分を受け入れ、
自分の一番身近な洋服を整えることで、
人生も豊かになっていくことを伝えていきたいと思っています。
女性の笑顔を洋服という手段を用いて、からサポートしていきたいと思っています。

また、アドラー心理学 ELM勇気づけ講座を通して
「自己肯定感UP」や「コミュニケーション」について伝えられたら嬉しいです。



詳しくはこちら